あなたの会社/団体もぜひご参加ください ほど酔い女子PROJECT 女性の適正飲酒サポートプログラム - SUPPORT PROGRAM -

社員/団体員のみなさまの健康維持・増進のために福利厚生の一環として「女性の適正飲酒」に取り組みませんか?ご賛同いただいた企業/団体様にさまざまなサポートをさせていただきます。

女性の適正飲酒について

なぜ今、女性の適正飲酒に取り組まなければいけないのか?

女性の社会進出とともに、女性の飲酒率が増加しています。

厚生労働省が行った調査によると、週に3回以上飲む習慣性飲酒者は、男性は 51.5%(1989年)から35.1%(2011年) と減少しているのに対して、女性は 6.3% から 7.7%と増加傾向にあります。2008年に行われた全国調査では、20代前半で女性が男性の飲酒率を上回るなど、現在の日本において、女性とお酒の関係はますます身近なものになっています。

一方、お酒の飲み過ぎによる失敗やトラブルも増えています

お酒を日常的に楽しむようになった日本の女性。一方で、実に約68.5%の女性がお酒の失敗をしたことがあると回答。
行き過ぎた飲酒は、急性アルコール中毒や生活習慣病など様々な体へのリスクを高める原因になります。

お酒を飲んで失敗したことがある。68.5% 飲みすぎて上司を説教したことがある。8.0% 飲みすぎてモノに愚痴ったことがある 9.2% 飲みすぎて転んだことがある。34.5%

ビール酒造組合調査 調査期間:2018年3月9日〜3月13日 調査対象:飲酒の習慣がある20〜50代の女性(週1回以上飲酒)計514名
※「お酒を飲みすぎて記憶をなくしたことがある人」計174名を対象とした設問となります。

お酒を楽しむには、正しい知識が必要です。

お酒に対する知識は、案外知らないことが多かったり、知っていたと思っていても間違っていたり。健康的に楽しくお酒と付き合っていくためには、正しい知識が必要です。

女性は男性よりもお酒に酔いやすい体質です。

女性の体は、男性に比べて体脂肪量が多いため体内の水分量が少なく、同じ体重・同じ飲酒量であっても血中アルコール濃度が高くなります。またアルコールの分解能力も平均すると男性の3/4程度しかありません。

※あくまで平均値であり、個人差があります。

女性には、女性の飲み方があります。

【毎日飲み続けた場合、女性にとって生活習慣病のリスクが高まる量/1日】

ビール・チューハイ
:500ml 以上(ロング缶1本)
ワイン
:180ml 以上(グラス1.5杯)
日本酒
:180ml 以上(1合)

※ 個人差があるので、あくまで目安です。

妊娠中・授乳中のお酒は絶対にやめましょう。

妊娠中の方には早産・流産、分娩異常のリスクが高まります。また赤ちゃんには発達障害、胎児性アルコール症候群のリスクがあります。

※妊婦の飲酒でアルコールが胎盤を通過して、胎児に発育遅滞や器官形成不全などを生じること

人のお酒に対する適性は、DNAによって異なります。

実は、お酒の適性は 後天的なものではなく、DNAによって異なります。人生を豊かにするドリンクライフの第一歩は、自分の本当の適性を知ることから始まるのです。

そこでビール酒造組合は、現代の女性にお酒に対する知識をもっていただき、楽しく、正しく、ほど良いお酒との関係を築いていただくことを目的とした運動体「ほど酔い女子PROJECT」を発足しました。

プログラムご紹介

「女性の適正飲酒」サポートプログラムについて

プロジェクトの理念やその活動に賛同いただき、パートナーになっていただく企業・団体様には、以下のパッケージを提供いたします。

Aコース 無償でご提供

◯適正飲酒啓発ポスター配布(B2サイズ)

◯適正飲酒啓発ラーニング

適正飲酒情報についてクイズ形式で
学べるeラーニングをご利用いただけます。

サンプルを見る

◯適正飲酒情報の提供(社内メール配信用)

社内メール配信用に、飲酒が増える時期に合わせた
適正飲酒情報をご提供いたします。

社内の適正飲酒啓発に活用いただけます。
その効果を図るために、事後社員用アンケートもご用意しております。

ポスター画像 eラーニング画像

Bコース 有償でご提供

Aコースに加えて、

◯ほど酔い女子DNAチェッカーの
特別価格での提供

◯事前事後アンケート実施(希望制)

実際の検査を通して社員の意識改革を行うことができます。
またその効果を図るために事前・事後アンケートを実施し、
内容を社内共有することで全体の啓発活動に活用いただけます。

◯適正飲酒セミナーの開催(希望制)

タトゥケース画像

「ほど酔い女子DNAチェッカー」とは?

「ほど酔い女子 DNAチェッカー」とはイービーエス株式会社が行っている遺伝子検査です。
ただ単にお酒が強い(飲める)・弱い(飲めない)を調べるだけの検査ではありません。
「どんな体質なのか?」「飲酒により、将来健康に対してのどんな悪影響がでやすいのか?」
といった、自分の適性を知り、今後の活動に活かせるアドバイスを得られるツールです。

5つのDNAタイプとは?
DNAチェックは簡単3ステップ

STEP1

検査キットを受け取ったら付属の綿棒を使って口の中の粘膜を採取してください。

STEP2

採取した検体と、申し込み用紙を専用の封筒に入れて投函してください。

STEP3

約20日後に結果レポートを受け取ることができます。

検査後、飲酒習慣に変化があった女性は約7割!
お酒と女性の付き合い方を考えることは、女性社員の働き方を考えること。プロジェクトへの参画を通して女性社員がイキイキと働ける健康企業を目指しましょう。

活動規約

ビール酒造組合
女性の適正飲酒啓発活動
「ほど酔い女子PROJECT」パートナー規約

ビール酒造組合が運営する女性の適正飲酒啓発活動「ほど酔い女子PROJECT」(以下「本プロジェクト」という)を推進するパートナー企業・団体(以下「パートナー」という)として登録を希望する申込者(以下「申込者」という)は、以下の各条項に従うものとする。

(本プロジェクトの目的)

第1条

本プロジェクトは、パートナーが、プロジェクトの趣旨に賛同して、社内又は社外活動の内容に応じた女性の適正飲酒啓発活動を行うことで、厚生労働省「アルコール健康障害対策推進基本計画」に則り、企業等における生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者の割合の減少に向けた取り組みを進めることを目的とする。

(パートナーの参加登録)

第2条

申込者は、本プロジェクトの趣旨、活動方針を十分に理解し、本規約を承諾の上、ビール酒造組合の定める申込手続きを行うものとする。

  • 2 ビール酒造組合は申込内容を審査の上、参加を認めた場合(以下、参加を認めた申込者を「パートナー」という)は「プロジェクトパートナー登録証」を申請者に発行する。
  • 3 ビール酒造組合は、審査の結果、甲が定める会員資格を付与するための要件を満たさないと判断した場合、会員資格の付与を承認しないものとする。
  • 4 申込者は、ビール酒造組合に対して、前項の不承認について、何らの請求も異議申し立てもすることができないものとする。
  • 5 ビール酒造組合は、WEBサイト「ほど酔い女子WEBサイト」内において、パートナーの名称を表記することができるものとする。

(パートナーの範囲)

第3条

パートナーは、日本国内に活動拠点がある次の各号のいずれかに該当する法人とする。
なお、当該法人がパートナーとして団体名のみで記載することを許可する場合には、支社単位・部署単位でのパートナーの登録をすることができるものとする。

  • 一 一般企業
  • 二 官公庁及び地方公共団体
  • 三 公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、及び一般財団法人
  • 四 医療法人、社会福祉法人
  • 五 その他、「ほど酔い女子PROJECT」事務局(以下「事務局」という)が適当と認める法人

(活動内容)

第4条

パートナーは、第8条で定める本プロジェクトの名義、ロゴマーク及び啓発資材(以下総称して「啓発資料」という)を使用することで本プロジェクトのパートナーであることを表明することができる。

  • 2 パートナーは、本プロジェクトの趣旨に沿い、次の各号のいずれかの活動を実施することができるものとする。
  • 一 教育・普及啓発活動
    女性の適正飲酒に関する社内や関係者への情報提供(適正飲酒啓発ポスターの掲示、適正飲酒啓発ラーニングの実施、適正飲酒啓発メールの配信 等)。
  • ニ その他、対外的なPR等(企業等の社会的貢献)
    顧客等への情報の提供等、企業方針として社員の健康維持施策として社外PR。
  • 三 DNA検査の実施
    女性専用のアルコールDNA検査キット「ほど酔い女子DNA検査チェッカー」の社員への提供、検査の実施。ただし、当該検査キットは、有償で提供されるものとする。受験者が20歳未満の場合は保護者の同意を必要とするものとする。

(登録期間)

第5条

パートナーの登録期間は、第2条第1項に基づきビール酒造組合が申込者にパートナーの資格を付与する旨を決定した日から原則として無期限とする。なお、本プロジェクトが終了した場合は、パートナーはその資格を失うものとする。

(退会)

第6条

パートナーは、ビール酒造組合に理由を付した届出書を提出することで本プロジェクトから脱退することができる。

  • 2 パートナーが脱退した場合は、脱退後より自らが公開しているホームページ、カタログなどの印刷物でのパートナーとしての表記及び掲載を速やかに削除することとする。また、その後もパートナーとして誤解される表記及び行為をしてはならないものとする。

(啓発資料の利用)

第7条

パートナーは、女性の適正飲酒の啓発活動に活用するため、啓発資料を利用することができるものとする。ただし、パートナーは、啓発資料を使用する際は、本プロジェクトの趣旨に反する使用及び改変をしないものとする

  • 2 前項の利用について、営利を目的としないものとする。
  • 3 ビール酒造組合は、パートナーに対して理由を通知したうえで啓発資料の利用を取りやめるよう請求することができるものとし、啓発資料のうち即時撤去が不可能なものについては、パートナーは終了後3ヶ月を目標にこれを撤去するよう努めるものとする。

(パートナーへの支援)

第8条

ビール酒造組合は、パートナーの依頼に応じて、必要な情報提供や啓発資料の提供等を行うとともに、会議の開催等による情報交換の実施を通じて、活動の支援を行う。

(活動内容の調査等)

第9条

ビール酒造組合は、必要に応じパートナーの活動内容に関する次の各号の調査を実施することができる。

  • 一 パートナーが取り組んでいる活動内容
  • ニ パートナーで実施している本プロジェクト啓発ラーニングの結果、状況
  • 三 パートナーで実施しているほど酔い女子DNAチェッカーの結果統計
  • 2 前号の一~三について、ビール酒造組合はパートナーに対して通知のうえ、「ほど酔い女子PROJECT」HPやリリース等に掲載する場合がある。

(活動に対する是正処置)

第10条

パートナーが、啓発資料の不適切な使用など、本プロジェクトの趣旨に反する活動を行ったとビール酒造組合が認めた場合、ビール酒造組合は是正のための改善要求、警告、啓発資料の利用の差止めをすることができる。

(反社会勢力の排除)

第11条

パートナーは、ビール酒造組合に対し、パートナー(代表者、役員、又は実質的に経営を支配する者を含む)が暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋、政治活動・宗教活動・社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。

  • 2 パートナーは、ビール酒造組合が前項に該当するか否かを判定するために調査を要すると判断した場合、ビール酒造組合の求めに応じてその調査に協力し、これに必要とビール酒造組合が判断する資料を提出しなければならない。

(登録の取消等)

第12条

前条により改善が見られない場合、又は次の各号のいずれかに該当する場合、事務局はパートナー参加登録の取消しを行うことができる。その際、ビール酒造組合は企業名の公表を行うことができる。

  • 一 法令違反による処罰を受けた場合、若しくは行政指導に対する改善が見られない場合。
  • 二 公序良俗に反する行為などを行ったと認められる場合
  • 三 前条の定めに違反した場合
  • 四 前各号のほか、本規約に違反した場合

(附則)

パートナーは、本規約がビール酒造組合により事前の通告なく改訂される場合があることを予め承諾する。なお、改定内容は、本プロジェクトのホームページなどで公表する。

お申し込みフォーム

上記の活動規約のご確認の上、
下記よりお申し込みください。
事務局にて確認し、
後日ご連絡させていただきます。

お申し込みフォーム

お問い合わせ先

ほど酔い女子PROJECT 女性の適正飲酒啓発サポートプログラム事務局

メール:info@hodoyoi.jp

電話番号:03-3496-8315

(平日10:00〜17:00)

※土日祝日、12/28から1/4を除く、
平日月曜~金曜に対応いたします。
※返信までに日数がかかる場合がございます。
予めご了承ください。

トップページへ

TOP